筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

チンニングスタンドおすすめランキング2018

更新日:

自宅用チンニングスタンドおすすめランキング

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

チンニングスタンドは、懸垂(チンニング)をするための筋トレグッズです。

グリップ幅を変えることで、広背筋、大円筋、三角筋、上腕二頭筋など、上半身全体を鍛えることができます。

そんなチンニングスタンドには、ぶら下がりを想定した健康志向のチンニングスタンドと、懸垂を想定した筋トレ志向のチンニングスタンドの2種類があります。

この二つは、同じチンニングスタンドでも、自転車とバイクぐらい機能性が違います。

しかし、他サイトの「チンニングスタンドのおすすめ人気ランキング」では、健康用のチンニングスタンドと、筋トレ用のチンニングスタンドを、一緒のランキングにしています。

これでは、使用者に合ったチンニングスタンド選びをすることができません。

そこで今回は、チンニングスタンドを「健康用」と「筋トレ用」に分けたランキングを紹介します。

それぞれ、本体重量、耐荷重、価格を客観的に比較しているので、自宅用チンニングスタンド選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

健康用と筋トレ用の違い

本体重量

チンニングスタンドのサイズ感

© inSPORTline

健康用と筋トレ用で性能が大きく違うチンニングスタンドですが、商品に「筋トレ用」と書かれているわけではありません。

中には、明らかに筋トレ向けの商品ではないのに、筋骨隆々のボディビルダーが使用している写真をプロモーションに使っているチンニングスタンドもあります。

そのため、商品画像から両者を区別することは難しいでしょう。

健康用と筋トレ用の一番の違いは、本体重量です。

健康用は本体重量が軽く、懸垂をするとガタつきますが、筋トレ用は本体重量が重く、勢いをつけても安定感があります。

このランキングでは、20kg未満のチンニングスタンドを健康用、20kg以上のチンニングスタンドを筋トレ用と呼んでいます。

この基準は、今まで何十種類ものチンニングスタンドを使用してきた私の経験に基づいています。

主観的ではありますが、これにより、かなり正確に両者の違いを明確化することができます。

ランキングの算出方法

耐荷重

チンニングスタンドの耐荷重

© pixabay

各メーカーのチンニングスタンドには、何kgの使用まで耐えられるかの基準「耐荷重」があります。

必要な耐荷重は使用者の体重によりますが、耐荷重ギリギリの商品はおすすめできません。

ぶら下がりの場合は、自分の体重+20kg以上、懸垂の場合は、反動によって体重以上の負担がかかるため、自分の体重+40kg以上の耐荷重がおすすめです。

耐荷重が高いほどトレーニングの幅が広がるため、高評価にしています。

使用感

チンニングスタンドの使用感

© Fitness Factory

一般的に、耐荷重が高いほど頑丈な作りになっています。

しかし、本体重量や使用している素材の違いにより、実際に体感する安定度は、耐荷重と一致しない部分もあります。

私は紹介している各メーカーのチンニングスタンドを、全て実際に使用したことがあるので、その経験上の使用感を評価のポイントにしています。

これにより、カタログ値では分からない、実際の使用感が分かります。

使用感は、安定感だけでなく、本体サイズの大きさ、組み立ての簡単さも評価しています。

価格

チンニングスタンドの価格

© ACworks Co.,Ltd.

各メーカーのチンニングスタンドには、定価が設定されています。

しかし、筋トレグッズは定価より値下げされることがよくあるため、定価を比較すると、正確なコスパが分からないケースが多くあります。

そこでこのランキングでは、2大ネットショッピングサイト「楽天市場」と「amazon.co.jp」における最安値を比較しています。

これにより、より実際の販売価格に近いコスパを比較することができます。

チンニングスタンドおすすめランキング【筋トレ用】

第1位 IROTEC(アイロテック)

チン&ディップスタンド

multigymiro

基本情報

サイズ:W65×D138×H216cm
高さ調節:なし
本体重量:約39kg
耐荷重:約150kg

チン&ディップスタンドの特徴

大阪府に本社を置く、株式会社スーパースポーツカンパニーのチンニングスタンドです。

高さ調整機能はありませんが、その代わりに耐荷重が約150kgと高く、準業務用といっても良い安定感があります。

支柱が2本入っているツインチューブタイプのため、体重約70kgに10kgの重りをつけ、反動を使って懸垂をしてもグラつきを感じません。

これ1台でチンニング、ディップス、バーティカルニーレイズ、プッシュアップなど、上半身を総合的にトレーニングができるでしょう。

自宅用チンニングスタンドで本格的なトレーニングをしたい人におすすめです。

最安値価格

最安値販売価格:25,920円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

アイロテックのロゴ

株式会社スーパースポーツカンパニーが販売するブランドです。ブランド名のアイロテックには、鉄のような心と身体を創るテクノロジーを意味する造語です。世界と戦える強靭な精神と肉体の創造を目指し、赤+黒のスパルタンカラーをイメージカラーとしています。

公式サイト IROTEC

第2位 WASAI(ワサイ)

ぶら下がり健康器 MK580

wasaiチンニングスタンド(amazon)
基本情報

サイズ:W70×D90×H185~225cm
高さ調節:あり
本体重量:約24kg
耐荷重:約150kg

ぶら下がり健康器 MK580の特徴

埼玉県に本社を置く株式会社 和才のトレーニングブランド「WASAI」のチンニングスタンドです。

5つあるWASAIぶら下がり健康器シリーズの中では、最もハイスペックな商品になっており、高さ調整ができるにもかかわらず、耐荷重は約150kgあります。

しかし、同じ耐荷重のIROTECのチンニングスタンドよりも本体重量が約15kg軽く、サイズも一回り小さいため、使用時の安定感はかなり劣ります。

加重チンニングをしたい人、体重が90kgを超える人など、高重量での使用を検討している人は、IROTECを選んだ方がいいでしょう。

価格がかなり安いため、加重をしない人、体重が70kg以下の人は、こちらの方がコスパが良いです。

最安値価格

最安値販売価格:14,800円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

wasailogo

株式会社 和才が販売するブランドです。自社工場による商品製造による格安価格を武器に、2015年から販売を開始しています。チンニングスタンド以外では、トレーニングベンチやトランポリンなどを企画開発しています。

公式サイト WASAI

第3位 FIGHTINGROAD(ファイティングロード)

チン&ディップスジム TRUST

ファイティングロードのトラスト

基本情報

サイズ:W62×D138×H215cm
高さ調節:なし
本体重量:約42kg
耐荷重:約100kg

チン&ディップスジム TRUSTの特徴

数あるファイティングロードの商品の中で、最上位のチンニングスタンドです。

プロアスリートの使用も視野に入れている「プロユース」に位置づけられています。

しかし、本体重量が42kgと重いにもかかわらず、耐荷重は約100kgとかなり低めの設定です。

実際の使用感も、とてもアスリートのハードトレーニングには耐えられない印象です。

以前は格安のチンニングスタンドとして人気でしたが、最近値上げをしたため、その利点もなくなった、少し残念なチンニングスタンドです。

最安値価格

最安値販売価格:22,440円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

ファイティングロードのロゴ

株式会社ファイティングロードが販売するブランドです。週刊少年ジャンプをはじめとする、多くのメジャー雑誌に広告を掲載しているため、知名度は群を抜きます。そこそこの質を持ったトレーニンググッズを格安で買いたい、ダイエット希望者、初級~中級トレーニーにおおすすめのブランドです。

公式サイト FIGHTING ROAD

チンニングスタンドおすすめランキング【健康用】

第1位 山善(YAMAZEN)

ぶら下がり健康器 BBK-220

山善チンニングスタンド(amazon)
基本情報

サイズ:W56×D65×H180~220cm
高さ調節:あり
本体重量:約8kg
耐荷重:約90kg

ぶら下がり健康器 BBK-220の特徴

ホームライフ用品の販売大手、株式会社 山善のチンニングスタンドです。

今回紹介しているチンニングスタンドの中では唯一、大胸筋下部を鍛えることができるディッピングに対応していません。

シンプルな構造のため、本体重量と耐荷重が低いですが、その分値段がかなり安くなっています。

組み立ても簡単で、一人でも数分で作ることができるでしょう。

ぶら下がり機能だけが必要な、高齢者や女性におすすめです。

最安値価格

最安値販売価格:5,990円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

第2位 WASAI(ワサイ)

ぶら下がり健康器 BS30

wasaiチンニングスタンド
基本情報

サイズ:W68×D76×H180~190cm
高さ調節:あり
本体重量:約14kg
耐荷重:約100kg

ぶら下がり健康器 BS30の特徴

筋トレ用チンニングスタンドの第2位「WASAI」の健康用チンニングスタンドです。

ホワイト、イエロー、レッドの三色があります。

BS50は、5つあるWASAIぶら下がり健康器シリーズの中で、最も本体重量が軽く、耐荷重が低い作りになっています。

その分、サイズがコンパクトで価格が安いのが特徴です。

最短180cmと低いながら、ワイドグリップにも対応します。

体重が軽い身長150cm台の人など、指高が低い人のワイドグチンニングにもおすすめです。

最安値価格

最安値販売価格:6,980円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

第3位 You-Ten(ユーテン)

ぶら下がり健康器 マルチジム

youtenチンニングスタンド(楽天市場)
基本情報

サイズ:W62×D75×H193~220cm
高さ調節:あり
本体重量:約16kg
耐荷重:約100kg

ぶら下がり健康器 マルチジムの特徴

群馬県に本社を置く株式会社 オールマーケットジャパンのトレーニングブランド「YOUTEN」のチンニングスタンドです。

amazonのレビュー件数が300件を超える、日本で一番売れている人気チンニングスタンドです。

サイズスペック的には筋トレ用としても使用できそうですが、体重約70kgで反動をつけた懸垂を数回すると安定感を失います。

体重60kg以下など、よほど体重が軽くない限りは、ぶら下がり専用にするのが良いでしょう。

マルチジムの名のとおり、スタンド下部には腕立て伏せ用のグリップが付いています。

口コミレビューを参考にアップデートを繰り返している商品名ので、購入の際は間違って旧版の在庫を買わないよう注意しましょう。

最安値価格

最安値販売価格:8,780円~
 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

あわせて購入したい商品

筋トレサプリ

おすすめチンニングスタンドランキングhmb

c 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

自宅用のチンニングスタンドの購入を検討中の人であれば、すでにプロテインを摂取している人も多いでしょう。

しかし、効果的に筋肉をつけるためには、プロテインだけでは物足りません。

最も筋肉と向かい合う職業であるボディビルダーは、クレアチン、BCAA、グルタミン、HMBなど数種類、多い人では数十種類のサプリを併用しています。

しかし、複数サプリの摂取は、過剰摂取や拮抗作用の心配、経済的な負担があるため、一般人では中々難しいです。

そこでおすすめなのが「HMB」を主成分に、クレアチン、BCAA、グルタミンなどを詰め込んだ「筋トレサプリ」です。

筋トレサプリには、筋肉の成長に必要な栄養素が、オールインワンで配合されているため、摂取するだけで、スポーツ管理栄養士が組んだような、理想的な栄養バランスをキープできます。

ここでは、プロテインと同時摂取したい、おすすめの筋トレサプリを紹介します。

十分な栄養摂取で、チンニングスタンドでのハードトレーニングを無駄にしないようにしましょう。

株式会社bonds

バルクアップHMBプロ

バルクアップHMBプロの画像(画像引用元:株式会社bonds)
基本情報

内容量:150粒
配合成分数:6種類
1食分の粒数 :5粒
1食分のHMB量:2,000mg
返金保証期間:90日間
通常価格:11,700円
定期価格:5,950円

注目のポイント

プロレスラーのYAMATOさん、フライパン曲げ世界記録保持者のジャスティス岩倉さんなど、プロアスリートも愛用しているサプリです。

クレアチン、グルタミン、BCAAなど、筋肉の成長に必要といわれる代表的な成分が、すべて配合されています。

主成分のHMBに関しては、数ある筋トレサプリの中でもトップ級の2,000mg配合です。

現在、初回500円キャンペーンに加えて、90日間の全額返金保証もついています。

はじめてHMBを試したい人に、一番おすすめの筋トレサプリです。

>>バルクアップHMBプロのキャンペーンページ

HMBサプリおすすめランキング

 - チンニング&ディッピングスタンド, ランキング