筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

コンプレッションウェアは筋トレに効果あり?科学的に検証。

   

2XUのコンプレッションウェア

© 2XU.

コンプレッションウェアというスポーツウェアをご存知でしょうか。野球選手がよくユニフォームの下に着ている、ピチピチした、スパッツのような素材のアンダーウェアです。

英語では”Compression sportswear”と呼ばれており、直訳すると「圧縮運動着」といったところでしょうか。その名の通り、着用するとウェアが身体を包み込むようにフィットして、適度な着圧を感じます。

今回は、なぜアスリートたちがこのウェアを着るのか、コンプレッションウェアの筋トレやランニングなどの運動における効果を探っていきます。

スポンサーリンク

コンプレッションウェアの発祥

アンダーアーマー

アンダーアーマーのロゴ(画像引用元:アンダーアーマー)

© Under Armour, INC.

最初のコンプレッションウェアが登場したのは1996年。アメリカのスポーツメーカー「アンダーアーマー社」によって発売されました。

メリーランド大学のアメリカンフットボール選手であった、創業者のケビン・プランクが、コットンに代わる素材のTシャツを作り出そうと考え、祖母の家の地下室で発明したそうです。

アンダーアーマー社の社名は「セカンドスキン(第二の皮膚)」のように身体にぴったりとフィットするウェアを、ユニフォームの下(Under)に着用し、アスリートの鎧(Armour)として機能するとこを目指したことに由来します。

コンプレッションウェアの広がり

アンダーアーマーの躍進

アンダーアーマージャイアンツコラボショップ(画像引用元:アンダーアーマー)

© Under Armour, INC.

コンプレッションウェアを引っ提げたアンダーアーマー社は、その質の高さから口コミで人気が爆発し、設立からわずか10年でアメリカを代表するスポーツメーカーとなりました。

現在では、時価総額が2.5兆円を超えており、アメリカでは、アディダスを抜いて、ナイキに次ぐ第2位の売り上げを誇ります。

日本では、DNSプロテインでおなじみの「株式会社ドーム」が総代理店となっています。2014年には読売ジャイアンツのオフィシャルユニフォームサプライヤーになり、一気に知名度を上げました。

近年では、ナイキやアディダスなどもコンプレッションウェアの開発に本格的に乗り出し、ここ数年間で着用する人が爆発的に増えています。現在では、スポージムなどでも頻繁に見かけることができます。

コンプレッションウェアの効果

コンプレッションウェアの効果(画像引用元:アンダーアーマー)

© Under Armour, INC.

コンプレッションウェアを着るメリットには、次の3つが挙げられます。

筋肉振動の抑制

コンプレッションウェアを着用すると、着圧により筋肉や組織が圧迫され、筋肉の振動が抑制することができます。

運動時、筋肉は常に細かく振動していますが、振動は筋紡錘が引き伸ばされるため筋放電が生じます。筋放電は、最大発揮筋力や神経伝達速度を低下させるため、スポーツ医学的にはパフォーマンスを下げる要因の一つとされています。

そのため、コンプレッションウェアを着用し、運動時の筋振動を抑制することは、無駄なエネルギーの発散を抑え、「筋肉疲労の軽減」「最大発揮筋力の向上」に効果があります。

血中乳酸濃度の抑制

コンプレッションウェアによる着圧は、血中乳酸濃度の上昇を抑制する効果もあります。

ドイツのエアランゲン·ニュルンベルク大学のKemmler博士が、速度が段階的に増加するトレッドミルを使用し、どこまで被験者が耐えられるかの実験を行いました。

その結果、コンプレッションウェアを着用することで、血中乳酸濃度の上昇を抑制したことで、「総疾走時間の増加」「無酸素性作業関値の増加」という効果が得られました。

快適性の向上

真夏の甲子園において、炎天下のマウンド上で高校球児がコンプレッションウェアを着ているのを見たことがある人も多いでしょう。ただでさえ暑いのに、長袖を着て大丈夫かと心配になります。

しかし、その心配は杞憂です。コンプレッションウェアは、「速乾性」「吸収性」に優れているため、むしろ汗をかくほどスースーと冷えるため、体感温度が下がります。また、着衣によるベタつきもないため、常にドライで快適な気心地をキープすることができます。

また、冬においては、外気の侵入を防ぐため防寒としても機能し、速乾性の素材が汗冷えも防いでくれます。

まとめ

    コンプレッションウェアには、単なる運動着としての機能だけでなく、筋肉疲労の軽減、最大筋力の向上、持久力の向上、快適性の向上、などの多くのメリットがあります。

    また、伸縮性にとんだ素材が使用されているため、ブランドによっては、テーピングと同じような怪我を防止する機能が備わっているウェアもあります。

    ランニングによるダイエットや持久力の向上、筋トレによる筋力アップを目指す人には、是非おすすめしたいウェアです。

    ただし、血中乳酸濃度の抑制や筋トレ時の優れたサポート性能は、筋肥大を妨げる要因にもなります。

    そのため、本格的にボディビルダーのような筋肉が肥大化した肉体を目指す人は、着用を見送るといいかもしれません。

 - コンプレッションウェア