筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

自宅用ダンベルのおすすめランキング2017

      2017/12/15

おすすめダンベルランキング

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

筋トレの最重要アイテムともいえるダンベル。

楽天市場やamazonで検索すると、数多くのメーカーがダンベルを販売しています。

しかし、その数はあまりにも多く、どのダンベルを選べばいいのか戸惑う人も多いでしょう。

そこで今回は、ダンベルの値段と品質を比較した、おすすめ自宅用ダンベルをランキングで紹介します。

ダンベル選びの参考にしてください。

バルクアップダンベル

ランキング対象のダンベル

可変式ダンベル

ダンベルおすすめランキング種類

© pixabay

ダンベルには、重さを変えられる「可変式」と、変えられない「固定式(不可変式)」の2種類があります。

筋力アップ、筋肥大を目指す人は、筋肉の部位ごとに重さを変える必要があるため、固定式ダンベルだと、5kg、10kg 、15kg、20kgの4セット8個のダンベルは、最低必要でしょう。

しかし、自宅に8個のダンベルを置くのは現実的ではありません。

さらに筋肉が発達すれば、25kg、30kg、35kg、40kgと、買い足す必要も出てきます。

そこで、自宅用には、一つで幅広いトレーニングに対応できる可変式がおすすめです。

プレートの枚数を変えるだけで、1.25kg~5kg刻みで、細かく重さを調整ができます。

そのためこのランキングは、可変式ダンベルのみをランキングの対象にしています。

ランキングの基準

ダンベルの価格

ダンベルの値段

© ACworks Co.,Ltd.

ダンベルの価格は、ダンベルの種類、重さ、プレートの材質、によって値段が違います。

購入すべきダンベルの重さの目安は、次のとおりです。

男性の場合

筋トレ初心者が目標:片方20kg

筋トレ中級者が目標:片方30kg

筋トレ上級者が目標:片方40kg以上

女性の場合

筋トレ初心者が目標:片方10kg

筋トレ中級者が目標:片方20kg

筋トレ上級者が目標:片方30kg以上

参考記事
>>ダンベルの選び方。重さの目安とおすすめの種類。

一般的な力持ちの基準であるバーベルベンチプレス100kgは、ダンベルベンチプレスの片方40kg×5回に相当します。

そのため、バーベルベンチプレス100kgを目指す人は、片方40kg以上のダンベルが必要です。

はじめてダンベルを買う方は、片方20kg以上あれば、問題なく背中や脚などの大きい筋肉を鍛えることができるでしょう。

そのためこのランキングでは、各メーカーの20~25kgのセット価格を比較しています。

ダンベルの品質

ダンベルおすすめランキング品質耐久性

© pixabay

ダンベルの品質は、耐久性、カラーの締まり具合、使用感などから判断しています。

客観性を担保するため、口コミレビューも一通り確認にしています。

しかし、自らの命を預けるトレーニングベンチとは異なり、ダンベルは安い商品と高い商品にそれほど差がないのが実際のところです。

そのため品質に関しては、同価格帯であった時の参考程度に考慮しています。

ただし、品質が低いダンベルの中には、実際より1kg以上の誤差がある商品もあります。

このランキングは、全てのダンベルの重さを実測しているので、誤差が500g以上の低品質ダンベルはランク外にしています。

ダンベルおすすめランキング

第1位 MOTIONS

モーションズ

motionsアジャスタブルダンベル24㎏(画像引用元:楽天市場)
基本情報

メーカー:MOTIONS
価格:29,800円(1位 / 2位)
高さ:22.5cm
奥行:21.0cm
幅:44.5cm
重量切替:15段階
2.5kg、3.5kg、4.5kg、5.5kg、6.5kg、8kg、9kg、10kg、11.5kg、13.5kg、16kg、18kg、20.5kg、22.5kg、24kg

MOTIONSダンベルの特徴

約2秒で重さを切り替えることができる、ダイヤルタイプの可変式ダンベルです。

24kgセットは15段階、40kgセットは17段階の重さ変更ができます。

私は今まで、10セットのダンベルを購入していますが、現在自宅で使用しているのは、ほぼこのダンベルだけです。

最大の特徴は、高級なダイヤルタイプでありながら、破格の安さで販売されている点でしょう。

ダイヤルタイプとしては、ボウフレックスというブランドのダンベルが有名ですが、こちらは24kgが片方で3万円以上、41kgが片方で4万円以上します。

MOTIONSの価格は2個セットでも、ボウフレックスの単品より安いです。

また、ダンベルの品質も悪くありません。

複雑な機構のダイヤルタイプの場合、ほとんどの商品で1~2kg以上の誤差がありますが、MOTIONSの誤差は100g以下です。

おすすめダンベルの重さを計測

一般的なスピンロックタイプのダンベルよりは高価ですが、コストパフォーマンスの高さは、圧倒的にMOTIONSが上です。

一度使用したら、あまりの快適さに、もうスピンロックには戻れないでしょう。

MOTIONSアジャスタブルダンベルは、楽天市場でも販売していますが、楽天のセット価格は5,000円高いため、購入はキャンペーンサイトからがおすすめです。

現在、先着300名限定ですが、トレーニンググローブがもらえます。

Motionsのキャンペーンサイトを見る

MOTIONSダンベルの画像

メーカープロフィール

MOTIONSのロゴ

株式会社コンプライアンスのスポーツブランドです。プッシュアップバー、腹筋ローラー、バランスボールなど、幅広い筋トレグッズに加え、スポーツカメラやドローンも販売しています。高品質・低価格を売りとしている、注目のスポーツブランドです。

第2位 FIGHTING ROAD

ファイティングロード

ファイティングロードのダンベル(画像引用元:楽天市場)
基本情報

メーカー:FIGHTING ROAD
価格(アイアン):9,034円(1位 / 3位)
価格(ラバー):10,443円(1位 / 3位)
価格(クローム):12,096円(2位 / 2位)

シャフト情報

直径:28mm
長さ:400mm
重量:2.5kg

FIGHTING ROADダンベルの特徴

安いながら品質もしっかりしている、コストパフォーマンスの高いダンベルです。

30kgセットまでであれば、床を傷付けないポリエチレンタイプもあります。

ダンベルに書かれている文字が最初から潰れているなど、デザイン面では少し難がありますが、ダンベルとしての機能性は悪くありません。

実際、私も自宅でアイアンタイプ(60kgセット)を5年以上使用していますが、サビやカラーの締まり不良など、製品の劣化はほとんどありません。

FIGHTING ROADのダンベルは、楽天市場、Yahooショッピングでも売られていますが、だいたいamazonが一番安いです。

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

ファイティングロードのロゴ

株式会社ファイティングロードが販売するブランドです。週刊少年ジャンプをはじめとする、多くのメジャー雑誌に広告を掲載しているため、知名度は群を抜きます。そこそこの質を持ったトレーニンググッズを格安で買いたい、ダイエット希望者、初級~中級トレーニーにおおすすめのブランドです。

第3位 WILDFIT

ワイルドフィット

ワイルドフィットのダンベル(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:WILDFIT
価格(アイアン):10,900円(3位 / 3位)
価格(ラバー):12,600円(3位 / 3位)
価格(クローム):10,500円(1位 / 2位)

シャフト情報

直径:28mm
長さ:450mm
重量:2.5kg

WILDFITダンベルの特徴

バリエーションが豊富なWILDFITのダンベルです。

ラバータイプには、白、赤、黒の3カラーが用意されています。

おすすめは、定番のアイアン、ラバーではなく、輝きのあるクロームタイプです。

プレートに手持ち穴が開いており、プレート単品でもダンベルとして使用できます。

しかも、他メーカーとは異なり、なぜかアイアンタイプ、ラバータイプよりも、クロームタイプの値段が安く設定されています。

シャフトの長さは、450mmと今回のランキングで紹介した商品の中では最長です。

さらに、1,500円の追加料金で550mmのロングシャフトに変更することもできます。

初心者から、片方40kg以上の超重量ダンベルを探している上級者まで、幅広いトレーニーにおすすめのダンベルといえるでしょう。

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

ワイルドフィットのロゴ

株式会社ワイルドフィットが販売するブランドです。実店舗がないため、ワイルドフィット社の製品はネットショップでしか手に入りません。カラーバリエーションが多く、デザイン性が高いことでも知られています。企業や団体のロゴが入った、オリジナルフィットネスグッズの製造も行っています。

第4位 IROTEC

アイロテック

アイロテックのダンベル(画像引用元:楽天市場)
基本情報

メーカー:IROTEC
価格(アイアン):10,584円(2位 / 3位)
価格(ラバー):11,988円(2位 / 3位)

シャフト情報

直径:28mm
長さ:410mm
重量:2.5kg

IROTECダンベルの特徴

高品質で知られるアイロテックのダンベルです。

素手でのシャフトの握り心地は、今回のランキングで紹介した商品の中でもNo.1です。

値段は少し高めですが、使い心地や高級感などを気にする方におすすめです。

アイロテックのダンベルは、ネットショップの価格が統一されているため、好きなサイトで購入するといいでしょう。

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

メーカープロフィール

アイロテックのロゴ

株式会社スーパースポーツカンパニーが販売するブランドです。ブランド名のアイロテックには、鉄のような心と身体を創るテクノロジーを意味する造語です。世界と戦える強靭な精神と肉体の創造を目指し、赤+黒のスパルタンカラーをイメージカラーとしています。

第5位 Bowflex

ボウフレックス

ボウフレックスアジャスタブルダンベル40㎏(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:Bowflex
価格:64,934円(2位 / 2位)
高さ:21.0cm
奥行:21.0cm
幅:43.0cm
重量切替:15段階
2kg、3kg、4kg、5kg、7kg、8kg、9kg、10kg、11kg、14kg、16kg、18kg、20kg、23kg、24kg

Bowflexダンベルの特徴

ダイヤル式ダンベルのパイオニア的商品です。

スピンロックダンベルとは、比較にならないほど快適な重量変更が魅力です。

ボウフレックスダンベルならではの安心感はありますが、販売価格があまりにも高すぎるのは、さすがに気になります。

ボウフレックスに特別なこだわりがある方におすすめです。

 amazon.co.jpの最安値

メーカープロフィール

bowflexのロゴ

アメリカのバンクーバーに本社を置く、Nautilus, Inc.のスポーツブランドです。ダイヤル式ダンベル「SELECTTECH」やクロストレーナー「MAX TRAINER」など、数々の画期的な筋トレグッズを世に送り出しています。最先端を行くスポーツメーカーの一つです。

あわせて購入したい商品

筋トレサプリ

ダンベルと合わせて買いたいHMB

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

筋肉をつけるためには、ダンベルを使った筋トレだけでは不十分です。

ハードなトレーニングに加え、適切な栄養摂取をしないと、筋肉は合成されず、トレーニングは無駄になります。

そのため、ボディビルダーは、プロテイン、クレアチン、BCAA、グルタミンなど、筋肉の成長のために、数種類のサプリメントを組み合わせて摂取しています。

しかし、一般人がボディビルダーと同じようなサプリメントを摂取することは、過剰摂取や拮抗作用を引き起こす恐れがあるので、推奨できません。

そこでおすすめなのが、筋肉の成長に必要な栄養素が一つにまとまっている筋トレサプリです。

筋トレ初心者~中級者の場合、下手に専門知識が必要なサプリメントに手を出さず、これだけを飲めば、必ず理想の身体に近づいていきます。

ここでは、筋トレサプリの中でも、特におすすめの2つを紹介します。

メタルマッスルHMB

メタルマッスルHMBの画像(画像引用元:株式会社ART OF LIFE )
基本情報

内容量:180粒
配合成分数:13種類
1食分の粒数 :6粒
1食分のHMB量:1,600mg
通常価格:8,640円
定期価格:6,480円

注目のポイント

歌手のGackt(ガクト)さん、俳優の中尾明慶さんなど、多くのタレントが愛用しているサプリです。

本サイトのHMBサプリランキングでは、総合1位になっています。

メタルマッスルHMBを飲んで、ダンベルを使用した負荷の高い筋トレすれば、数か月で肉体改造ができるでしょう。

現在、キャンペーンにより、毎月300名限定で500円で試すことができます。

しかも、30日間全額返金保証キャンペーン中なので、もし身体に合わなかった場合は、電話一つで全額返金されます。

詳細はキャンペーンページで確認してください。

>>メタルマッスルHMBキャンペーンページ

※クリックしてもキャンペーンページに移行しない場合、残念ながら定員に達しています。

株式会社bonds

バルクアップHMBプロ

バルクアップHMBプロの画像(画像引用元:株式会社bonds)
基本情報

内容量:150粒
配合成分数:6種類
1食分の粒数 :5粒
1食分のHMB量:2,000mg
返金保証期間:90日間
通常価格:11,700円
定期価格:5,950円

注目のポイント

フライパン曲げ世界記録保持者の芸人、ジャスティス岩倉さんも愛用しているサプリです。

メタルマッスルHMBよりも配合成分数は少ないですが、HMB2,000mgの配合量や定期価格の安さで上回ります。

そのため、はじめてHMBを試してみたい、少しでも節約したいと考えている方におすすめです。

メタルマッスルHMBと同じく、毎月300名限定で、初回500円キャンペーン中です。

しかもこちらは、メタルマッスルHMBより長い90日間全額返金保証付きなので、より安心して試せるでしょう。

>>バルクアップHMBプロのキャンペーンページ

※クリックしてもキャンペーンページに移行しない場合、残念ながら定員に達しています。

全10社を比較したランキングはこちら
HMBサプリおすすめランキング2017

トレーニングベンチ

ダンベルに加えてトレーニングベンチがあると、トレーニングの幅が広がります。

自宅用フラットベンチのおすすめランキング2017

自宅で筋トレするのにおすすめのフラットベンチを紹介します。価格が安い、ドラゴンフラッグなどの腹筋トレーニングに使用できるものから、強度が高い、高重量のベンチプレスにも使用できるものまで、ランキング形式で紹介します。

kintoregoods.net

ダンベルラック

ダンベルが6本以上ある人は、ダンベルラックの購入を検討しましょう。

自宅用におすすめのダンベルラックを紹介

ダンベルを収容できる自宅用のおすすめダンベルラックを紹介します。狭いスペースにも設置できるタテ型と、出し入れが簡単なヨコ型、それぞれのおすすめを紹介します。

kintoregoods.net

 - ダンベル, ランキング