筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

HMBの嘘まとめ。知らないと危険な真実。

公開日:

HMBウソまとめ

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

数ある筋肉サプリの中でも高い人気があるHMB。

筋肉の合成促進と分解抑制に大きな効果を持つ、プロアスリートやボディビルダーにも愛用者が多いサプリです。

そんなHMBサプリですが、ネット上に嘘、間違いが非常に多いサプリとしても知られています。

そこで今回は、HMBサプリの効果や販売方法などの嘘をまとめて紹介します。

知らないで購入してしまうと、思わぬ損をする危険性もあります。

HMBサプリの購入を検討している方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

HMBは飲むだけで筋肉がつく

魔法のサプリではない

HMBの嘘

© PAKUTASO

一部のサイトでは、HMBを飲むだけで筋肉がつくと書いています。

しかし、これは完全なる嘘です。

2018年現在、飲むだけで筋肉がつく魔法のサプリはありません。

プロアスリートが使用してたびたび問題になる筋肉増強剤「アナボリックステロイド」でも、飲むだけで筋肉はつきません。

筋肉がつくためには、超回復という以下のメカニズムが必要です。

1.筋トレにより筋線維の一部を破断
2.適切な栄養と休養を取る
3.筋線維が以前より少し太くなって修復


HMBの摂取は「2.適切な栄養と休養を取る」に該当します。

その前に、筋トレによる筋線維の破断がなければ、筋肉が大きくなるはずがありません。

HMBと似た例としては、着るだけで筋肉がつくという「加圧シャツ」もあります。

こちらについては、下の記事でまとめているので、興味がある方は参考にしてください。

>>加圧シャツの効果。着るだけではムキムキにならない理由。

HMBがあればプロテインはいらない

プロテインの時代は終わらない

プロテインとHMB

© pixabay

HMBを飲めばプロテインはいらないという嘘も多いです。

HMBサプリの広告に「プロテインの時代は終了」というキャッチフレーズが頻繁に使用されているので、見たことがある人も多いでしょう。

しかし、HMBを摂取している人でも、プロテインは必要です。

HMBサプリとプロテインでは、持っているエネルギー量が違うからです。

たしかにHMBは、筋肉の合成を促進する必須アミノ酸ロイシンの代謝物のため、単位量当たりの筋肉の合成力は、数ある成分の中でも最強といえるでしょう。

しかし、筋肉を効率よく作るためには、ロイシン以外のアミノ酸も重要です。

HMBだけでは、筋肉を作るための材料が足りず、筋肉の合成が頭打ちになってしまいます。

タンパク質の塊であるプロテインは、摂取することで複数のアミノ酸に分解されます。

そのため、HMBの効果を最大限に引き出すためには、プロテインとの併用が理想的です。

両方を摂取することで、満遍なく筋肉の合成に必要なアミノ酸を確保できます。

ちなみに、多くのHMBサプリの販売ページで「プロテイン20杯分」という説明されていますが、これはHMBの摂取量を表している場合は、正しい表現です。

HMBはプロテイン20杯分の効果がある、というのは間違った表現です。

HMBがあればBCAAはいらない

HMBとBCAAは一長一短

BCAAとHMB

©OPTIMUM NUTRITION, INC

BCAAは、ロイシン、イソロイシン、バリンという3つの必須アミノ酸の総称です。

そのため、ロイシンの代謝物であるHMBとは、親戚のような関係といえます。

しかし、一部サイトでは、BCAAの効果は嘘、HMBを摂取すればBCAAは不要と書いています。

BCAAの効果は嘘で、HMBには効果があるという理論がそもそも意味不明です。

詳細は、下の記事でまとめています。

>>BCAAの筋トレ効果は嘘、という嘘を論破。

BCAAの摂取は、疲労の原因である乳酸の血中濃度の上昇を抑えることができるため、長時間のトレーニングにおける持久力の向上効果が期待できます。

一方でHMBの摂取は、30分以下の短時間トレーニングにおいて、BCAAよりも筋肉の分解抑制効果が高いという研究結果があります。

そのため、BCAAとHMBには一長一短があり、どちらが優れているかという話は無粋です。

ボディメイクの効率を高めたいのならば、プロテインと同様、両方摂取するのが理想でしょう。

HMBがホンマでっか!?TVで紹介された

ホンマでっか!?TVで紹介は嘘

ホンマでっかTVとHMB(画像:フジテレビジョン)

©Fuji Television Network, inc.

ネット上に、明石家さんまさんが司会を務めるフジテレビ系列の人気番組「ホンマでっか!?TV」において、HMBが紹介されたという噂があります。

しかし、この情報は嘘です。

ホンマでっか!?TVでHMBサプリが特集された事実はありません。

嘘の元ネタは、2017年2月に放送された回です。

この放送回の中で、神経内科専門医の亀井 眞樹 医師が、サプリとの併用で筋トレの効果が上がるという、ごく一般的な話をしました。

その時にサプリ名を明示しなかったため、これがHMBであると勝手に推定され、尾ひれがついただけです。

また、番組では下のような大げさなテロップが表示されました。

hmbとホンマでっかTV

これは演出上の煽り文であり、「飲むだけで筋肉が付くサプリは存在しない」と、番組内で亀井 医師が明確に否定しています。

しかし、内容が置いてきぼりで、キャプチャー画像だけが広まってしまった結果、このような嘘が蔓延してしまったようです。

HMBがアメトーーク!で紹介された

アメトーーク!で紹介は嘘

アメトークとHMB(画像:テレビ朝日)

© tv asahi

テレビ朝日系列の人気番組「アメトーーク!」で紹介されたという噂もあります。

こちらに関しては、根も葉もない、全くの嘘です。

アメトーーク!では以前、なかやまきんに君、レイザーラモンHGさんといった筋肉芸人が集まった「ゴールドジム芸人」という回が放送されました。

HMBサプリが登場するとすればこの回しかありませんが、プロテインの紹介はあったものの、HMBサプリの紹介はありませんでした。

レイザーラモンHGさんがHMBサプリの広告塔になっているので、そこから嘘情報が広まったのでしょう。

HMBサプリが500円で買える

有利誤認表示

京都地方裁判所

© Kyoto District Court

HMBサプリの販売方法に関する嘘です。

嘘というよりは、紛らわしいといった方が正確かもしれません。

HMBサプリの多くは、初回500円、初回無料など、初回購入がお得なキャンペーンをしています。

これ自体は本当なのですが、実はこのキャンペーンの多くは、定期購入者を対象にしています。

つまり、初回価格は500円だけども、3ヵ月以上の継続が条件になっており、実質的には500円以上の支払いが必要になるということです。

多くの優良メーカーでは、購入者が誤認しないよう、定期購入である点を強調して表示しています。

しかし、一部メーカーでは、定期購入であるという記載が小さく、分かり辛いケースがありました。

実際に2017年11月には、京都消費者契約ネットワークが、景品表示法の「有利誤認表示」に該当するとして、HMBサプリを販売する2社に対して差し止め請求訴訟を起こしています。

現在は、メーカー側も有利誤認表示に対して敏感になっているので、このような表示はありませんが、購入前は必ず規約を確認しましょう。

おすすめのHMBサプリ

バルクアップHMBプロ

バルクアップHMBプロの画像(画像引用元:株式会社bonds)

メーカー:株式会社bonds
定期価格:5,250円
返金保証期間:90日間
配合成分数:6種類
HMB配合量:2,000mg
粒数(入数):150粒
粒数(一日):5粒

バルクアップHMBプロの特徴

現役のプロレスラーやフィジーク選手など、プロアスリートも愛用するHMBサプリです。

国内産の高品質HMB2,000mgに加え、クレアチン、BCAA,グルタミンという、筋肉の成長を促進する3大サポート成分が配合されています。

それでいて、HMB1mgあたりの値段は、数あるHMBサプリメーカーの中でも最も安くなっています。

また、販売している株式会社bondsは、多くのメーカーが税別価格で表示する中、ずっと税込価格を貫いている、有利誤認表示とは無縁の会社なので、信頼性も高いです。

品質・価格・信頼性、すべてにおいてハイレベルな、最もおすすめのHMBサプリです。

効果を実感できない場合は、90日間の全額返金保証まで用意されています。

詳細はキャンペーンサイトで確認できます。

>>バルクアップHMBプロのキャンペーンサイト

※クリックしてもキャンペーンサイトに飛ばない場合、残念ながらすでに終了しています。

 - HMB