筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

おもしろ筋トレグッズを紹介。変だけど効果あり?

公開日:

おもしろ筋トレグッズ

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

筋トレの効率を高めてくれるアイテム「筋トレグッズ」。

定番の筋トレグッズといえば、ダンベルやバーベルなどが思い浮かぶでしょう。

このサイトでは、自宅トレーニングに最低限必要な筋トレグッズ、筋トレ好きな男性・女性が喜ぶプレゼント用筋トレグッズなど、色々な筋トレグッズを紹介してきました。

>>自宅用筋トレグッズおすすめランキング
>>女性におすすめのプレゼント用筋トレグッズ
>>男性におすすめのプレゼント用筋トレグッズ

今回は少し趣向を変えて、定番の筋トレグッズの陰に隠れた、おもしろ筋トレグッズを紹介します。

ドン・キホーテのスポーツ用品コーナーに売っているような、一見すると怪しい筋トレグッズです。

マイナーな商品もありますが、もしかすると、この中から第二のワンダーコアのような、人気商品が出るかもしれません。

おもしろB級筋トレグッズなので、余興の景品や、気軽なプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク

スクワットマシン

スクワットマジック

おもしろ筋トレグッズのスクワットマジック

©︎ OAK LAWN MARKETING, INC.

レッグマジックやワンダーコアなど、定期的にヒット商品を輩出しているショップジャパンが、現在、一番推している筋トレグッズです。

関節への負担を軽減しながら、正しい姿勢でスクワットができます。

負荷を3段階に調整できるため、使用者の筋肉レベルに応じたトレーニングも可能です。

イギリスのスポーツ科学研究所から、効果のお墨付きも得ているため、かなり本格的な筋トレグッズといえるでしょう。

女芸人 横澤夏子さんのダイエット企画など、メディア露出も増えてきています。

第二のワンダーコアに一番近い、次来る筋トレグッズNo.1商品です。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

シェイクウェイト

シェイクウェイトG

面白筋トレグッズシェイクウェイト

© TV SHOPPING LABORATORY CO., LTD.

世界30か国以上で発売され、シリーズ累計で1000万台が売れている筋トレグッズです。

ゼビオやデポなど、大手スポーツ用品店にも置いてあるため、見たことがある人も多いでしょう。

握って上下に振るというシンプルな動きで、上半身のコアマッスルを刺激することができます。

多くの実験により、科学的に効果が実証されているため、筋トレグッズとしては中々優秀です。

ただし、トレーニング姿がかなりユニークなため、海外ではおもしろ筋トレグッズとして認識されているようです。

「警察の前でシェイクウェイトをやったら連行された」という、おもしろ動画もあります。

シリーズには、負荷調整できる「G PRO(プロ)」や、腹筋ローラーとして使用することもできる「G REVO(レボ)」などがあります。

日本での正規販売は、テレビショッピングでおなじみ「ダイレクトテレショップ」が行っています。

公式サイトから購入すると、トレーニングDVDがもらえます。

シェイクウェイトG

シットアップベンチ

じつは!腹筋くん

おもしろ筋トレグッズの腹筋くん

© MIZUNO

日本を代表するスポーツメーカー「MIZUNO(ミズノ)」が開発したシットアップベンチです。

腹筋を鍛えるための筋トレグッズですが、普段は座椅子としても使うことができます。

何のひねりもない商品名にB級感がありますが、商品自体は非常に優秀です。

太ももを固定するバーは7段階、膝裏を固定するシートは4段階、背もたれは5段階に変更でき、使用者の体型や負荷に合わせて、細かく調整できます。

オリンピック水泳金メダリストの岩崎恭子さんも推奨している、かなり本格的な筋トレグッズです。

トレーニングチューブ

ジムスティック

おもしろ筋トレグッズのジムスティック

© Gymstick International

フィンランド発祥の、全身を鍛えることができる筋トレグッズです。

簡単に言うと「スティック付きのトレーニングチューブ」ですが、防水加工されているアクアタイプなど、豊富なラインナップがあります。

2005年には、革新的な筋トレグッズとして、フィンランド国内のコンテストで大賞を受賞しているそうです。

日本の一部フィットネスジムでも導入していますが、残念ながら、あまり人気はないようです。

2014年から更新が止まっている日本向け公式HPが、なんとも言えない哀愁を感じさせます。

バーンマシン

スピードバッグ

おもしろ筋トレグッズのバーンマシン

©︎ Clipper Inc,

アメリカの総合格闘技団体「UFC」に所属する選手の75%が愛用している、ということで話題になった筋トレグッズです。

2010年頃、日本でもブームになったので、知っている方、使ったことがある方も多いでしょう。

2つあるリングのグリップを握ってクルクル回すという、斬新なトレーニング方法が特徴です。

本体が約5.5kgと重いので、回転で腕や肩の筋肉を刺激するだけでなく、持久力も向上させることができます。

スタンダードの「スピードバッグ」のほか、重量調節できる「バーンマシン2」、金メッキ加工の「ゴールドラグジュアリー」、約1.8kgの軽い「スマート」など、いくつかの種類があります。

レジスタンスパラシュート

スピードシュート

おもしろ筋トレグッズのパラシュート

© SKLZ

パラシュートの空気低抗を利用した筋トレグッズです。

野球部など、運動部における定番練習「タイヤ引き」の発展版のようなトレーニングです。

加速とトップスピードを強化することができる実用的な筋トレグッズとして、陸上部の練習で良く見かけます。

一人で使用するのは少し恥ずかしいかもしれません。

鍛錬棒

六角鉄棒

ただただ重い、鉄の棒です。

日本古来の武道鍛練に使われていたそうで、漫画でも時々出てきます。

通常の素振り用木刀は、重いものでも約2kgですが、鍛錬棒は20kg以上の商品もあります。

値段はかなり高いですが、口コミレビューの評判もかなり高いです。

「鍛錬棒友の会」という愛好会があるほど、好きな人はとことんハマる、不思議な魅力がある筋トレグッズです。

パワーウェイト

鉄下駄

日本の伝統的な筋トレグッズです。

だいたい片方1.5~2.5kgの商品が売られています。

日常でも履けるため、それなりに実用的ではありますが、アンクルウェイトやウェイトベストが発明された現在では、機能的な面での採用価値はほぼないでしょう。

むしろ、床を傷つける恐れがあるため、鉄下駄を履いての外出はあまりおすすめできません。

風情を感じながら筋トレをしたい人におすすめです。

 - プレゼント, 筋トレグッズ