筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

MCTオイルダイエット おすすめランキング2017

   

MCTオイルダイエットおすすめランキング

c 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

手軽に高い効果があるMCTオイルダイエット。

TBS系列で放送された「ダイエット総選挙2017」で、見事1位に輝いたことから、いま一番、話題を集めているダイエット法です。

そんなMCTオイルには、市販されている商品がたくさんあり、違いが分かりづらいです。

中には、カプセルタイプやパウダータイプの商品まであります。

そこで今回は、全10社のMCTオイルの原料、価格を比較した、おすすめのランキングを紹介します。

これからMCTオイルダイエットを始める人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ランキングの算出方法

プロテインランキング

c ACworks Co.,Ltd.

ランキング対象外のMCTオイル

LCTオイル配合の商品

MCTオイルダイエットランキング対象外

c Pixabay

一般的な植物油を「長鎖脂肪酸油(LCT)」といいます。

長鎖脂肪酸油(LCT)は、中鎖脂肪酸油(MCT)よりも値段が安い傾向にあります。

そのため、MCTオイルの中には、長鎖脂肪酸油(LCT)を配合して、製造コストを安くしている商品もあります。

そのような商品では、MCTのダイエット効果が下がってしまいます。

このランキングでは、長鎖脂肪酸油(LCT)が未配合の商品だけをランキングの対象としています。

評価の基準

1gあたりの値段

MCTオイルの値段

c ACworks Co.,Ltd.

MCTオイル100%の場合、原材料や原産地が違っても、効果はそれほど変わりません。

せいぜい、パーム由来、ココナッツ由来の違いによって、香りが変わるくらいでしょう。

そのため、このランキングでは、単純な1gあたりの値段を比較して、ランキングにしています。

一応、各メーカーが公表している原材料と原産地も記載しているので、気になる人は参考にしてください。

MCTオイルおすすめランキング

第1位 ナチュラルレインボー

MCTオイル 100EX

mct100ex(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:ナチュラルレインボー
定価:1,980円
サイズ:460g、230g
タイプ:オイル
原材料:パームヤシ
原産地:マレーシア

1gあたり

1,980円÷460g= 4.30円

特徴と感想

ダイエットフードの販売を行っている、ナチュラルレインボー株式会社のMCTオイルです。

460gという大容量販売により、他メーカーよりも安い値段を実現しています。

しかしその分、MCTオイルが酸化しやすいため、保存・保管には気を付ける必要があります。

直射日光、高温多湿の場所を避けて保存しましょう。

とにかく安いMCTオイルが欲しい人におすすめです。

第2位 旭薬品工業

Fresh MCT Oil 中鎖脂肪酸油100%

旭薬品工業フレッシュmct(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:旭薬品工業
定価:2,160円
サイズ:460g、50g
タイプ:オイル
原材料:パームヤシ
原産地:非公表

1gあたり

2,160円÷460g= 4.70円

特徴と感想

「美味、安心、健康」をテーマにしている、旭薬品工業株式会社のMCTオイルです。

1位の「MCTオイル 100EX」と同じく、460gという大容量販売による、安い値段が魅力です。

第3位 バブルスター

LOHAStyle MCTオイル

ロハスMCT(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:LOHAStyle(ロハスタイル)
定価:2,480円
サイズ:450g
タイプ:オイル
原材料:ココナッツ、パームヤシ
原産地:マレーシア

1gあたり

2,480円÷450g= 5.51円

特徴と感想

バブルスター株式会社が展開する糖質制限と自然食品専門店「LOHAStyle(ロハスタイル)」のMCTオイルです。

マレーシア産のココナッツとアブラヤシをブレンドして作られています。

容器には、保管時に転がりにくい8面加工、日光に強い遮光加工が施されています。

コストパフォーマンスに加えて、自然食品専門店ならではの安心感も欲しい人は、こちらの商品がおすすめです。

第4位 プレミアムマーケティング

Premium MCTオイル

プレミアムMCT(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:プレミアムマーケティング
定価:1,399円
サイズ:250g、135g
タイプ:オイル
原材料:ココナッツ
原産地:マレーシア

1gあたり

1,399円÷250g= 5.60円

特徴と感想

「世界のマルシェ」という有機素材のセレクトショップを運営している、プレミアムマーケティング株式会社のMCTオイルです。

マレーシア産のココナッツを100%使用して作られています。

135gと250gの2サイズがあるので、最初は小容量~中容量のオイルで試したいという人におすすめです。

第5位 勝山ネクステージ

仙台勝山館 MCTオイル

仙台勝山MCT(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:勝山ネクステージ
定価:2,380円
サイズ:360g、165g、70g
タイプ:オイル
原材料:ココナッツ
原産地:非公表

1gあたり

2,380円÷360g= 6.61円

特徴と感想

300年以上の歴史を持つ「勝山酒造株式会社」を母体とする、勝山ネクステージ株式会社のMCTオイルです。

近年のMCTオイルブームの火付け役ともなった、MCTオイルのパイオニアともいえます。

ココナッツ100%で精製された高品質なMCTオイルは、amazonの人気No.1です。

MCTオイルの質にこだわりたい人には、一番おすすめです。

第6位 NOW FOODs

NOW SPORTS MCT OIL

nowスポーツMCT(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:NOW FOODs
定価:1,100円
サイズ:150粒(150g)
タイプ:ソフトカプセル
原材料:ココナッツ、パームヤシ
原産地:非公表

1gあたり

1,100円÷150g= 7.33円

特徴と感想

アスリートサプリメント業界の大手「NOW SPORTS」のMCTオイルです。

今回のランキングの中では、唯一のカプセルタイプとなっています。

そのため、持ち運びが簡単、摂取量が把握しやすいなどのメリットがあります。

サプリメントの基準が非常に厳しいアメリカ産サプリメントのため、品質は申し分ありません。

しかし、一粒の大きさも海外サイズのため、錠剤を呑むのが苦手な人は苦労するかもしれません。

第7位 レインフォレストハーブ

ココナッツ由来100% MCTオイル

基本情報

メーカー:レインフォレストハーブ
定価:1,280円
サイズ:170g
タイプ:オイル
原材料:ココナッツ、ココナッツオイル
原産地:非公表

1gあたり

1,280円÷170g= 7.53円

特徴と感想

株式会社レインフォレストハーブジャパンのMCTオイルです。

MCTオイルにココナッツオイルを配合しているため、中鎖脂肪酸油は98%しかありません。

しかし、ココナッツオイルを添加したことで、味がまろやかになり、おいしい食用MCTとして人気があります。

MCTオイルの味にもこだわりたい人におすすめです。

第8位 日清オイリオ

日清 MCTオイル

日清MCT(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:日清オイリオ
定価:3,780円
サイズ:450g、400g、250g、200g、56g
タイプ:オイル
原材料:パームヤシ
原産地:非公表

1gあたり

3,780円÷450g= 8.40円

特徴と感想

日本で初めてサラダ油を製造した、食用油の大手「日清オイリオ」のMCTオイルです。

56g~450gまでの豊富なサイズバリエーションがあります。

一番のポイントは、大企業ならではの充実したレシピでしょう。

ホームページには、使い方のコツやポイントなどが詳しく掲載されています。

>>日清 MCTオイル基本の使い方&レシピ – 日清

どう使ったらいいのかわからない、はじめてMCTオイルダイエットに挑戦する人におすすめです。

第9位 Nature’s Way

MCT Oil From Coconut

基本情報

メーカー:Nature’s Way
定価:4,980円
サイズ:474ml(522g)
タイプ:オイル
原材料:ココナッツ
原産地:非公表

1gあたり

4,980円÷522g= 9.54円

特徴と感想

アメリカ最大のサプリメント製造メーカー、Nature’s WayのMCTオイルです。

自然派サプリメントメーカーの最大手なので、品質は申し分ないでしょう。

ただし、日本で買うとそれなりの値段がしてしまうのが欠点です。

ネイチャーズウェイのファンであれば、購入してもいいでしょう。

第10位 日清オイリオ

日清 MCTオイルパウダー

日清MCTパウダー(画像引用元:amazon)
基本情報

メーカー:日清オイリオ
定価:6,869円
サイズ:800g、390g、250g
タイプ:パウダー
原材料:非公表
原産地:非公表

1gあたり

6,869円÷(800g×0.71)= 12.27円

特徴と感想

日清オイリオのパウダータイプのMCTオイルです。

パウダー加工する際に、デキストリン、加工でん粉が使用されています。

そのため、実質的な中鎖脂肪酸油量は、総量の約70%しかありません。

パウダータイプは、油浮きが気になる料理にも使用することができるため、MCTオイルを使った料理の幅を広げたい人におすすめです。

MCTオイルの摂取がめんどくさい人向け

MCT配合サプリメント

MCTオイルダイエットサプリ

c BODYMAINTENANCE Inc.

MCTオイルの摂取がめんどくさい人には、MCTオイルに、コーヒー豆エキスとオメガ3脂肪酸が配合されている、サプリでの摂取がおすすめです。

1日1粒飲むだけでいいので、MCTオイルを使って料理をする必要がありません。

そのため、中鎖脂肪酸油の摂取量をコントロールするのがめんどくさい人にぴったりです。

1日当たり32.7円と値段も安いので、手軽にMCTオイルダイエットをしたい人は、まずはサプリからはじめるのもいいでしょう。

>>MCTオイルサプリの詳細をみる

 - MCTオイル, 女性向け