筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

自宅用マルチベンチのおすすめランキング2016

      2016/01/22

マルチベンチランキング

photo credit: via photopin (license)

トレーニングベンチにはいくつか種類がありますが、このサイトで最もおすすめしているのがマルチベンチです。マルチベンチは角度を変えたり、折りたたむことで、フラットベンチだけではなく、インクラインベンチ、デクラインベンチ、シットアップベンチとしても使用することができます。

今回は、価格や品質、使用した実感を総合した、おすすめの自宅用マルチベンチ3つをランキング形式で紹介します。マルチベンチの購入を考えている人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ランキングの算出方法

総合評価

マルチベンチの耐荷重、本体重量、最大傾斜、価格など、自宅用マルチベンチに求められる機能性と経済性を総合的に判断して、おすすめの自宅用マルチベンチNo.1を決定します。

マルチベンチランキング

第1位

マルチベンチGFID31

bodybench21

基本情報

耐荷重:約200kg
サイズ:53(W)x142(L)x51(H)cm
本体重量:28kg
最大傾斜:84°

GFID31の特徴

別売りのレッグアタッチメントをつけると、レッグエクステンションやレッグカール、カールアッタチメントをつけると、プリチャーカールもできるようになります。インクラインは4段階調節、デクラインは1段階調節が可能です。上位のベンチにフィットネスジムでも使用されているGFID71があります。

最安値価格

最安値販売価格:50,000円~

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値
 口コミを見る

メーカープロフィール

bodysolidlogo

Body Solid社はアメリカに本社を置くトレーニング用品の製造、販売を行っている会社です。家庭用のトレーニング用品の販売だけでなく、米軍やアメリカの警察、NHLチームにも製品を提供している、アメリカのフィットネス業界を代表する企業のひとつです。

公式サイトBody Solid

第2位

マルチポジションベンチ

irotecmulti

基本情報

耐荷重:約200kg
サイズ:70(W)x175(L)x55(H)cm
本体重量:33kg
最大傾斜:60°

マルチベンチの特徴

レッグカールとアームカールのアタッチメントが付属したマルチベンチです。バックシートは7段階調整、それに連動するフロントシートは自動角度調整式です。フラットベンチ、インクラインベンチ、デクラインベンチだけでなくシットアップベンチとしても利用できます。

最安値価格

最安値販売価格:24,840円~

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値
 口コミを見る

メーカープロフィール

アイロテックのロゴ

株式会社スーパースポーツカンパニーが販売するブランドです。ブランド名のアイロテックには、鉄のような心と身体を創るテクノロジーを意味する造語です。世界と戦える強靭な精神と肉体の創造を目指し、赤+黒のスパルタンカラーをイメージカラーとしています。

公式サイトIROTEC

第3位

レッグフラットベンチ TRUST

ファイティングロードのトレーニングベンチ

基本情報

耐荷重:約200kg
サイズ:54(W)x170(L)x52(H)cm
本体重量:20kg
最大傾斜:85°

レッグフラットベンチ TRUSTの特徴

シートパッドは4段階、バックパッドはインクラインからデグラインまで7段階調節することができます。

最安値価格

最安値販売価格:15,120円~

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値
 口コミを見る

メーカープロフィール

ファイティングロードのロゴ

株式会社ファイティングロードが販売するブランドです。週刊少年ジャンプをはじめとする、多くのメジャー雑誌に広告を掲載しているため、知名度は群を抜きます。そこそこの質を持ったトレーニンググッズを格安で買いたい、ダイエット希望者、初級~中級トレーニーにおおすすめのブランドです。

公式サイトFIGHTING ROAD

関連記事

自宅用スタンドのおすすめランキング
自宅用ダンベルのおすすめランキング
自宅用フラットベンチのおすすめランキング

 - マルチベンチ, ランキング