筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

筋トレ・ランニングに抜群の効果!5本指シューズ「ビブラムファイブフィンガーズ」

      2016/07/12

皆さんはランニングをする時やウェイトトレーニングをするとき、どのようなシューズを履いているでしょうか。現在売られているスポーツ用シューズには、片足100gを下回る超軽量シューズから、履くだけでジャンプ力が約10cm上がるシューズまで、実にいろいろな種類があります。

そんな中、自分に合うシューズを選ぶのは、中々困難な作業です。そこでこのサイトでは以前、正しいシューズの選び方を紹介しました。記事の中で、それぞれのシューズには向き不向きがあり、自分の運動に合ったシューズを選ぶことが大切だという話をしました。

ジムでの運動別!5分でわかる正しいシューズの選び方

スポーツシューズの正しい選び方を紹介。「ウェイトトレーニング」「ランニング」「スタジオプログラム」といった運動別に適したシューズを解説しています。レディースとメンズ、どちらも参考にできます。

kintoregoods.net

しかし今回紹介するのは、ウェイトトレーニングからランニング、更にはサーフィンなどのウォータースポーツに至るまで、幅広い運動に使用することができる、いわば究極のシューズです。

スポーズシューズ業界を震撼させた、全く新しい5本指シューズ「ビブラムファイブフィンガーズ(VFF)」の魅力をみていきましょう。

スポンサーリンク

ビブラムファイブフィンガーズとは

イタリア発祥のスポーツシューズ

ビブラムファイブフィンガーズは、イタリア人登山家のヴィターレ・ブラマーニ氏により、1937年に創立された靴底メーカー「ビブラム社(Vibram)」で開発されました。

ビブラム社は、登山靴やワークブーツのゴム底ソールを初めて開発したことでも知られており、滑りに強いそのソールは「ビブラムソール」と呼ばれています。このテクノロジーは、ファイブフィンガーズにも受け継がれています。

5本指シューズ

ビブラムファイブフィンガーズの最大の特徴は、その名の通り、足指5本が独立しているその作りです。まるで5本指ソックスのように、足にフィットする構造になっており、靴を履いていながら、裸足に近い感覚を持つことができます。

最近では「裸足ランニング(ベアフットランニング)」を再現できるシューズのことを「ミニマリストシューズ」と呼び、NIKEのFREEシリーズをはじめ、様々な種類が出ていますが、ファイブフィンガーズはそのパイオニアとも言える商品です。

ビブラムファイブフィンガーズの効果

vibramtop画像2

photo credit: Karate via photopin (license)

ケガを防止する

足首や指の可動域が広いため、まるで裸足のように、柔軟に動かすことができます。しなるような足本来の動きにより、膝や足首の負担が軽減され、ケガや故障を防いでくれます。

また、足裏の感覚をつかみやすいため、バランスを維持することが容易になるため、転倒のリスクを減らすこともできます。

姿勢が改善される

一般的なシューズは、カカト部分が少し厚めに作られています。そのため、身体の重心が不自然な方向に流れてしまいがちです。しかしビブラムファイブフィンガーズは、カカトが上がっていない構造のため、足の裏全体に重心が分散されます。

それにより、足底筋や内転筋といった、普段なかなか使用しない筋肉を自然と使うことができるようになり、猫背などが改善され、正しい姿勢を身に付けることができます。

足の障害が改善する

正しい姿勢を身に付けることで、外反母趾、小趾内反、扁平足、O脚といった、足の障害を改善する効果を期待できます。すでに欧米では、医療の現場でも使われています。

また、ビブラムファイブフィンガーズは素材が柔らかく、指にフィットする構造のため、すでに重度の外反母趾の方でも、痛みなく履くことができます。

脳が活性化する

靴底が適度に薄いため、一般的なシューズでは感じられない、路面からの刺激を敏感に足裏で感じることができます。それにより、足つぼ効果による血行障害の改善が期待できます。

また、親指は「第二の脳」とも呼ばれています。歩くたびに刺激が与えられることは、脳の活性化や、平衡感覚の向上にもつながります。

ビブラムファイブフィンガーズの種類

vibramtop画像4

photo credit: vibram via photopin (license)

ビブラムファイブフィンガーズには、一般的なランニングやフィットネスだけでなく、ウォータースポーツ用、山道用、雪道用など、30以上のシリーズバリエーションがあります。

ここでは、ランニングとウェイトトレーニングにおすすめのシューズを紹介します。

KSO

ビブラムKSO

数あるシリーズの中でも、最もバランスの取れた定番のシリーズです。KSOは”Keep Stuff Out”の略で、中に小石や砂利などが入らないという意味があります。その名の通り、足全体を包み込むようにフィットするため、室内だけでなく、屋外でも利用可能です。より軽量に進化した「KSO EVO」もあります。全てにおいて万能な、最初の一足におすすめのシューズです。

メンズ
レディース

KMD SPORT

ビブラムkmd

中敷きが入っている唯一のシリーズです。一番、普通のシューズと感覚が近いため、不安を持つ初心者の方の導入としてもおすすめです。中敷きによって、足裏への情報を制御できるため、慣れていない方でも、快適に砂利道を走ることができます。

メンズ
レディース

V-RUN

ビブラムv-run

ソールに、若干のクッションが入っているシリーズです。膝に負担のかかる、ランニングに最もおすすめするシューズです。ソールが非常に薄いため、裸足の感覚をつかみやすく、地面の感触を体感できます。「BIKILA」という人気シリーズの上位モデルとして、2016年に発売されました。

メンズ
レディース

EL-X

ビブラムel-x

着脱が楽なスリッポンスタイルのシューズです。靴ひもはないですが、アッパー部分があるため、しっかりとしたホールド感があります。グリップも安定しているため、ウェイトトレーニングにおすすめです。

メンズ
レディース

日本では取り扱いがありません。

まとめ

    5本指という構造のため、発売当初は色物として見られることも多かったこのシューズですが、現在では欧米を中心に、多くのアスリートやセレブに親しまれています。

    ビブラムファイブフィンガーズを使用すると、カカトから着地する「ヒールストライク」から、つま先から着地する「フォアフット」に走り方が変化します。

    そのため、普段使用しない筋肉を多く使用することになるので、解説書にも書いてある通り、慣れるまでは走行距離を普段の6分の1にしましょう。それでも使用後は、ふくらはぎを中心に、かつてない感覚の筋肉痛を覚えるはずです。

    また、コンパクトで持ち運びが簡単、洗濯機で丸洗いできる、などのメリットもあるため、スポーツジムや外出先での使用もおすすめです。

    地面の感触を楽しめる、歩くのが楽しくなるシューズです。

 - スポーツウェア, スポーツシューズ, ビブラムファイブフィンガーズ