筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

プッシュアップバーの選び方とおすすめランキング2017

      2017/04/23

プッシュアップバーおすすめランキング

c adidas

腕立て伏せの効果を高めるプッシュアップバー。

amazonや楽天で検索してみると、プッシュアップバーには、1,000円以下の安いものから、10,000円以上する高いものまで、色々な種類があります。

そのため、選ぶ基準がなければ、違いが判らずに迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、プッシュアップバーの正しい選び方を紹介します。

選ぶポイントが理解できれば、商品ごとの違いが分かるようになるでしょう。

また、プッシュアップバーを比較した、プッシュアップバーおすすめランキングも紹介します。

プッシュアップバー選びの参考にしてください。

関連記事
プッシュアップバーの効果と使い方

スポンサーリンク

プッシュアップバーの選び方

プッシュアップバーを選ぶ基準としては、次の5つの項目をチェックするといいでしょう。

耐久性

プッシュアップバーの選び方2

c Leaf Group Ltd.

プッシュアップバーには、それぞれ耐荷重というものが設定されています。

使用者の体重が耐荷重以下であれば、とりあえず安全に使用することはできます。

しかし、自分の身体を預ける商品という特性上、耐荷重は大きいに越したことことがありません。

また、耐荷重に余裕があれば、片足を挙げたり、背中に加重したり、アレンジも可能になるため、トレーニングの幅も広がります。

プッシュアップバーの耐荷重は、自分の体重よりも余裕を見て選ぶのがおすすめです。

安定感

プッシュアップバーの選び方4

c LEGEND BODY

プッシュアップバーは、床に置いて使用します。

床との接地が悪いと、滑ったり、グラついたりし、使用中にかなりストレスを感じます。

そのため、プッシュアップバーの設置部の構造は、特に注意を払う必要があります。

また、接地は床との相性もあるので、自分が使用する場所を想定することも大切です。

快適性

プッシュアップバーの選び方2

c Ease Fitness

プッシュアップバーの中には、グリップ部分に柔らかい素材が使用されていない商品もあります。

そのような商品の場合、筋疲労よりも先に手の平が痛くなってしまいます。

毎回、イボ付きの軍手をはめてトレーニングをする人もいるようですが、個人的には、ある程度の快適性が初期装備されている商品がおすすめです。

機能性

プッシュアップバーの選び方1

c Perfect Fitness

シンプルな構造のプッシュアップバーですが、中には、バーとしての役割以上の機能を持った商品もあります。

回転式であったり、バーに傾斜が付いていたり、カウントしてくれたり、その性能は様々です。

過度な機能性は必要ありませんが、機能が多い方が、筋トレのモチベーションは上がるでしょう。

コスト

プッシュアップバーの選び方コスト

c ACworks Co.,Ltd.

最後にコストです。最も気になる部分でしょう。

プッシュアップバーの場合、機能性などによって大きく値段が変わるため、一概に安ければ悪い、高ければ良いというわけではありません。

自分が求める機能が備わっているかをまず考え、最後にコストをみましょう。

それでは、以上の5点を踏まえて、プッシュアップバーおすすめランキングを見ていきます。

プッシュアップバーランキング

このランキングで紹介している商品は、すべて2個セットです。

第1位 adidas(アディダス)

プッシュアップバー ADAC-12231

アディダスのプッシュアップバー(画像引用元:amazon)
基本情報

定価:3,132円
耐荷重:110kg以上
高さ:11cm / 13cm
組立:不要

ADAC-12231の特徴

adidasのS字型プッシュアップバーです。

製品自体は、アディダスから委託を受けた、株式会社プロアバンセという会社が取り扱っています。

ボディーが鉄製のため、プラスチック製とは次元の違う、圧倒的な耐久性が魅力です。

接地部には、滑りにくい素材が使用されているため、安定感も抜群です。

耐荷重は、説明書等に記載がなかったため、株式会社プロアバンセに問い合わせました。

耐荷重の設定はないものの、開発にあたって実施した耐久性テストにおいて、110kgのプレスを10分間行い、変化率が5%以下であったため、最低でも110kg以上の耐荷重はあるそうです。

また、置き方によって、11cmと13cm、2パターンの高さに変えることができます。

13cmの方は安定感が少し劣りますが、逆に、バランスを鍛えるための細かい筋肉を鍛えることができます。

格安の商品群と比較すると若干高めの値段ですが、コストパフォーマンスでは、こちらの方が圧倒的に上です。

数年間使うと考えれば、1,000円程度の違いは気にならないでしょう。

デザイン性や収納性もよく、全てにおいてバランスの優れたプッシュアップバーです。

迷ったらこの商品を選べば間違いないでしょう。

最安値価格

第2位 Perfect Fitness

PERFECT PUSHUP ELITE

パーフェクトプッシュアップバー(画像引用元:amazon)
基本情報

定価:6,480円
耐荷重:約181kg
高さ:11.43cm(4.5inch)
組立:不要

PERFECT PUSHUP ELITEの特徴

世界的な大ヒット商品となった、パーフェクトプッシュアップの進化版、エリートです。

海外では、Perfect V2 Pushupと呼ばれることもあります。

元米海軍特殊部隊(U.S.NAVY SEAL)のAlden Mills氏の監修により完成しました。

最大の特徴は、パワーハンドルと名付けられたバーが、360°回転する構造です。

これにより、よりベンチプレスに近い動きが再現でき、通常のプッシュアップバーよりも、効果的に大胸筋に負荷をかけることができます。

最近は回転式のプッシュアップバーも増えてきましたが、パーフェクトプッシュアップはそのパイオニア的存在です。

接地部には螺旋状のラバーが採用されており、抜群の安定感があります。

耐荷重は、amazonの公式ショップでは、136Kgと記載されていますが、アメリカの公式サイトでは、400lb(約181kg)を公式耐荷重として公表しています。

日本向けとして、株式会社エックスブランズという輸入業者が、「エックスブランズ パーフェクトプッシュアップ 」という商品を販売しています。

こちらは、トレーニング方法を指導してくれるDVD付と21日間のトレーニングマニュアルが付属しているので、英語が苦手な方や、初心者の方はこちらがおすすめです。

値段は高いですが、耐久性、安定感、快適性、機能性は、一番優れています。

ダンベルなど、ほかの筋トレグッズを使わず、自重トレーニングだけで肉体改造を考えている人に、おすすめのプッシュアップバーです。

最安値価格

第3位 ACTIVE WINNER

プッシュアップバー

ウィナープッシュアップバー(画像引用元:amazon)
基本情報

定価:2,180円
耐荷重:約80kg
高さ:13.5cm(傾斜あり)
組立:あり

プッシュアップバーの特徴

合同会社DG Japanという会社が販売しているプッシュアップバーです。

最大の特徴は、他社製品の約2倍の厚みがある、グリップ部のスポンジです。

ソフトな握り心地により、手首をしっかりとケアしながらトレーニングできます。

接地部にもスポンジ状の滑り止め素材が使用されており、フローリングでも、床の傷を気にせずに使用することができます。

ボディの素材はプラスチック製のため、軽くて持ち運びには優れていますが、その反面、耐久性と安定感には不安が残ります。

耐荷重が80kgと限られているため、体重の軽い人におすすめです。

最安値価格

第4位 タニタ(TANITA)

ST-941

タニタプッシュアップバー(画像引用元:amazon)
基本情報

定価:4,320円
耐荷重:約100kg
高さ:14.0cm
組立:なし

ST-941の特徴

体重計やレシピ本でおなじみの、タニタのプッシュアップバーです。

プッシュアップの回数を、赤外線センサーでカウントしてくれる、変わった機能があります。

このセンサーは、身体を十分深く下さないと反応しないため、一人だとつい甘くなりがちな部分を指摘してくれる、パーソナルトレーナーのような機能です。

接地部には、約2cmある厚めのゴム素材が使用されており、安定感があり、フローリングでも床を傷めません。

赤外線センサーは、単4電池を2本使用し、一日30分の利用で約半年使えます。

最安値価格

第5位 トータルフィットネス

プッシュアップバー

トータルフィットネスプッシュアップバー(画像引用元:amazon)
基本情報

定価:1,296円
耐荷重:約90kg
高さ:14.0cm(傾斜あり)
組立:あり

プッシュアップバーの特徴

amazonのレビューが1,000件を超える、mazon人気No.1のプッシュアップバーです。

口コミが豊富ということは、それだけ生の声を多く聴けるということなので、その点は他社製品にない強みです。

amazonのレビューを見る

他社製品よりもグリップ位置が高いため、より深く身体を下すことができます。

接地部には一応滑り止めが付いていますが、フローリングなどでは滑ることもあります。

下にヨガマットやトレーニングマットを引くといいでしょう。

リーズナブルな値段が一番の売りのため、手軽にプッシュアップバーを試したい人におすすめです。

最安値価格

関連記事
プッシュアップバーの効果と使い方

 - プッシュアップバー, ランキング