筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

リップスターと類似品の違い。小学生へのプレゼントはコレ。

      2017/07/03

ブレイブボードリップスター(画像引用元:ビタミンiファクトリー)

c Vitamin i Factory.

色々なものに興味を持つ小学生。新しいゲームやおもちゃをプレゼントしても、すぐに飽きてしまうことが想像できるため、あまり高価なものはあげたくない人も多いでしょう。

また、せっかくあげるなら、ただの娯楽商品ではなく、成長につながり、子どもの将来に役立つプレゼントをあげたいと考える人も多いかと思います。

そこで今回は、飽きずにずっと長く遊べて、さらに子どもの成長にも役に立ってしまう、とっておきのプレゼントを紹介します。

男子にも女子にも、低学年にも高学年にも、すべての小学生の誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントにおすすめの、究極のプレゼント「Ripster(リップスター)」です。

今回は、小学生のクラスに一人は必ず持っている、リップターについて、運動神経が向上する効果や、類似品との違いを紹介します。

スポンサーリンク

Ripster(リップスター)とは

子ども用2輪スケートボード

RazorRipStik(画像引用元:Razor)

Ripster(リップスター)は、カリフォルニア生まれの2輪スケートボード「Ripstik(リップスティック)」の子ども用です。日本では数年前から小学生の間で大ブームになっています。

類似の商品も含めれば、おそらくどこの小学校でも、クラスに一人は持っているでしょう。

「Jボード」「ジェイボー」「ブレイブボード」と呼ばれている地域もあります。

Ripster(リップスター)をおすすめする理由

動的バランス感覚の向上

リップスターのバランス(画像引用元:ビタミンiファクトリー)

常にバランス求められるリップスターは、動きながらバランスを取る能力「動的バランス」を鍛えることができます。動的バランスは、バランス感覚が必要なスポーツだけでなく、サッカーやバスケットボールのドリブルでも使われる、スポーツの基本能力です。小学生の時期にこの動的バランスを鍛えることは、今後のスポーツ人生の礎となります。

30分で乗れるようになる

リップスターの乗り方(画像引用元:Ripstick)

2輪のリップスターですが、実は4輪のスケートボードよりも簡単に乗ることができます。スケボーは「プッシュ」という基本テクニックがスムーズにできるまで、数か月の練習が必要です。しかしリップスターは、運動が苦手な子どもでも、約30分練習すれば、一人である程度乗れるようになります。そのため、飽きやすい子どもでも、投げ出す前に上達することができるでしょう。

ゴールデンエイジ

リップスターの効果(画像引用元:ビタミンiファクトリー)

8歳~12歳の時期を、スポーツ医学では「ゴールデンエイジ」と呼びます。神経系統の90%が完成するこの時期は、生涯において最も吸収性が高く、何でも短時間で覚えることができます。ゴールデンエイジに習得した能力は、その後の人生の基礎能力となり、一生涯忘れることはありません。英語学習や水泳などと同じく、動的バランスを、ゴールデンエイジに鍛えましょう。

類似品の紹介

エスボード(Ess Board)

essboardエスボード

中国製の非常に安いボードです。ドクロマークやドラゴンなど、子ども心をくすぐるデザインが特徴です。ホイールが光ることでも知られています。

ジェイボード(J Board)

jboardジェイボード

台湾製の安いボードです。豊富なカラーバリエーションがあります。通常版に加え、上位モデルの「JボードEX」、廉価モデルの「PIAOO(ピャオ)」も売られています。

類似品との違い

しなる角度の違い

最も違う点は、ボードがしなる角度です。リップスターにはボードが90°以上傾く特許技術が使われていますが、類似品は申し訳程度にしかしなりません。

そのため、類似品ではボードが動く可動域が小さく、リップスターのように「動的バランス」を十分に養う効果を期待することができません。

品質の違い

ボードの品質にも差があります。リップスターには、ウィール、キャスター、デッキの各パーツに、耐久性の高い、高品質な素材が使われているので、類似品によく見られる、デッキのひび割れやホイールやキャスターの変形などは、まず発生しません。

設計自体も、丁寧に作られているため、類似品によく言われる、ウィールのぐらつきや回転不良もないでしょう。

本体重量の違い

リップスターの本体重量は約2㎏ですが、類似品の多くは2.5kg以上あります。流線型のカーブを描く形状になっておいり、必要な部分にだけ重量を残し、不必要な部分には軽量化が施されています。

わずか500gの差ではありますが、身体の小さな小学生にとっては、持ち運びの便利さや、小回りのしやすさなどに大きな違いがあります。

リップスターの最安値

ブレイブボード Ripster

ripsterbraveboardリップスターブレイブボード(画像引用元:amazon)

本体重量:2.0kg
耐荷重:80kg(130cm以下推奨)
サイズ:683 × 220 × 118 mm
カラー:6色(レッド、ブルー、シルバー、ピンク、ライトグリーン、ライトオレンジ)

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

Ripstik dlx mini(デラックスミニ)

ripstikdlmini1デラックスミニ(画像引用元:amazon)

本体重量:2.05kg
耐荷重:79kg
サイズ:680 × 220 × 120 mm
カラー:8色(レッド、ブルー、ブラック、サーキットオレンジ、サーキットネイビー、ナンバーブルー、ナンバーブラック、ピース)

 amazon.co.jpの最安値
 楽天市場の最安値

リップスターにワンランク上の部品を付けてカスタマイズしたモデルです。

まとめ

    リップスターは、ただ乗るだけで、あらゆるスポーツの基本となる、動きながらバランスを取る能力「動的バランス」を培うことができます。

    特に吸収力、学習能力が高い小学生のうちに、この基本能力を身に付けることは、今後の運動神経形成に好影響を与えるので、小学生へのプレゼントには、実用性の高いリップスターがおすすめです。

関連記事
ブレイブボードとリップスティックの違い

 - キッズ, リップスター, リップスティック