筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

ビルドマッスルHMBの被害者にならない。購入前の注意点。

更新日:

ビルドマッスルHMBの効果(画像引用元:株式会社モイスト)

c MOIST Co.,Ltd.

厚生労働省による食薬区分改正によって、2009年に「非医薬」として新規収載され、日本国内での販売が可能となったHMB。

BCAAとおなじく筋肉の分解抑制、合成促進効果が期待できる、肉体改造を目指している人にとっては非常に効果的なスポーツサプリメントです。

現在では、多くのスポーツサプリメントメーカーがこのHMBを販売していますが、いま日本国内で最も売れてているのが、株式会社モイストのビルドマッスルHMBです。

しかし、このビルドマッスルHMBには、いくつか注意点があるので紹介します。

ビルドマッスルHMBの購入を検討している人は、購入後「被害にあった」「嘘だった」と思わないためにも、購入前に読むことをおすすめします。

スポンサーリンク

株式会社モイストとは

基本情報

企業データ

株式会社モイストのロゴ

社名:株式会社モイスト
設立:2008年12月
所在地:東京都江東区亀戸1-4-2
資本金:15,000,000円
代表者:代表取締役 池田 英子
従業員数:200人(内正社員40人)
業務内容:健康食品及び医薬品の通信販売

公式Webサイトより転載

会社の姿が見えにくい

株式会社モイストには、2つの兄弟会社らしき株式会社があります。

栄養補助食品などの販売を行う株式会社ミーロードと、社名に「製薬」がついているにもかかわらず、製薬会社ではない、化粧品などのコンサル業を行う株式会社オプティマ製薬です。

これらの会社は設立当初、モイストの代表に白土八千代 氏、ミーロードの代表に白土賢 氏、オプティマ製薬の代表に白土裕 氏、と白土姓の方々がついていました。

しかし2016年、モイストの代表が池田栄子 氏、ミーロードの代表がキャサリン・チュウ 氏に突如変更、オプティマ製薬にいたっては、会社案内ページがクローズされ、代表が誰だかわかりません。

会社や代表者の姿がなかなか見えてこないため、販売会社としては少し不安が残ります。

消費者庁による措置命令

2013年9月、株式会社モイストは、景表法の実証広告規制に基づき、消費者庁の食品表示対策室から措置命令を受けています。

対象となったのは、「烏龍減肥」という同社の人気商品です。

措置命令の原因は、チラシやWebサイトにおいて「私たちはたった1粒飲んで 楽ヤセしました!!」など、摂取だけで痩せられるかのような虚偽誇大広告を行なったからです。

しかし、それ以降は改善があったようで、現在まで措置命令を受けることはありません。

ビルドアップHMBの公式サイトにおいては、購入者の体験談において、嘘ではないものの、少し盛っているような部分もありますが、虚偽誇大に抵触するような表現は見受けられません。

ビルドマッスルHMB購入の注意点

ビルドマッスルHMBのポイント(画像引用元:株式会社モイスト)

c ACworks Co.,Ltd.

不誠実なサイト記事で被害

「ビルドマッスルHMB」や「ビルドマッスルHMB 効果」などで検索すると、上位にはサクラっぽい怪しい記事ばかり並んでいます。

その理由の一つが、クラウドワークスというオンライン上で受注者を公募、仕事を発注することができるウェブサービスの存在です。

このサービスを利用すると、ビルドマッスルHMBに関する記事を書くだけで、執筆者は数百円~数千円のお金を受け取ることができます。

記事の執筆にはいくつかのルールがあり、中には「アメトーク」という言葉をできるだけ入れるように指示している依頼もありました。

しかし、実際はビルドマッスルHMBがテレビ朝日「アメトーーク!」のゴールドジム芸人をはじめとする各回で紹介された事実はなく、これは明らかに誤認識を狙った誘導といえます。

このような不誠実なサイトの情報を見て購入した人が、購入後に被害にあったと感じるのは当然と言えるでしょう。

ただし、これらの販売方法は、不誠実なサイト運営者が独断で行っているものであり、株式会社モイストが主導しているわけではありません。

そういう意味では、株式会社モイストも、悪質サイトの被害者であるといえるでしょう。

初回500円で被害

ビルドマッスルHMBでは現在、毎月300名限定で、500円で初回購入できるキャンペーンを行っています。

しかし、購入ページをよく見ると、これはあくまでも3か月以上の定期購入が必要なトクトクコースの契約が前提の話です。

2回目、3回目は25%OFFの5,925円ですので、実質的な購入価格は次の料金となります。

500円+5,925円+5,925円=12,350円

不誠実なサイトでは「500円で購入できるのでお試しにどうぞ」という書き方をしているサイトも多く、私がよく見ている筋トレ情報サイトでも、残念ながらそのような紹介をしていていました。

購入前は、500円ではなく12,350円の買い物であることをしっかりと認識しましょう。

全額返金保障で被害

ビルドマッスルHMBには、効果を実感できなかった場合、3か月分の料金を全額返金するというお得な保証が付いています。

しかし、ここにもちょっとした落とし穴があります。それは4回目の商品発送予定日の4日前までに電話連絡が必要という点です。

ビルドマッスルHMBに関する電話窓口は、土日の受付がない上、平日は非常につながりにくいという特徴があります。

そのため、期限までに電話がつながらなくて返金保証が受けられなかったという被害を訴える人もいるようです。


※現在は、平日でも繋がりやすくなっています。(2017年6月確認)

いずれにしても、返金保証を受ける場合は、電話の混線を見越して、4日前よりも早めに、余裕をもって電話しましょう。

ちなみに電話連絡は、トクトクコースを解約する際も同様に必要となります。

ビルドマッスルHMBの効果に対する評価

ビルドマッスルHMBの効果(画像引用元:メンズドラッグ)

c MOIST Co.,Ltd.

少しグレーな販売方法をしているビルドマッスルHMBですが、商品自体は悪くないです。むしろ、ボディビルダーを目指してない、一般トレーニーの栄養補給としては、かなりおすすめです。

ビルドマッスルHMBは、「HMB」と名前がついていますが、実はHMBのほかに、BCAAやグルタミンなど、筋肉を作るサポート成分が、多数配合されています。

このサイトでは、このようなオールインワンサプリを「筋トレサプリ」と呼んでいます。

筋トレサプリは、Gackt(ガクト)さん愛用の「メタルマッスルHMB」、レイザーラモンRGさん愛用の「マッスルエレメンツHMB」など、近年相次いで登場していますが、ビルドマッスルHMBは、その先駆け的な商品です。

それだけに、誤解を招きやすい販売方法が、もったいないなという印象です。

ビルドマッスルHMB

基本情報

ビルドマッスルのHMB(画像引用元:株式会社モイスト)

内容量:120粒
1食分の粒数 :4粒
1食分のHMB量:1,500mg
返金保証期間:90日間
通常価格:7,900円
定期価格:5,925円

注目のポイント

前述のとおり、ビルドマッスルHMBは「総合筋トレサプリ」なので、HMBのほかに、BCAAやグルタミンといった、筋肉の合成・修復をサポートする成分が多数配合されています。

そのため、このサプリ一つで、筋トレの効果をかなりのレベルまで高めることが可能です。

競合商品と比較した際に優れている点は、圧倒的なコストパフォーマンスの良さです。

「筋トレサプリ」は現在、10以上のメーカーが販売していますが、その中でもビルドマッスルHMBは、かなり安い価格設定がされています。

また、少し気を付ける点はありますが、全額返金保証も魅力的です。一般的な全額返金保証期間は30日間ですが、ビルドマッスルHMBは、90日間と非常に長い設定されています。

そのため、筋トレ総合サプリに初挑戦の方におすすめです。

ビルドマッスルHMBのキャンペーンページ

※クリックしてもキャンペーンサイトに飛ばない場合、すでに定員に達しています。

ビルドマッスルHMBの類似商品

バルクアップHMBプロ

基本情報

バルクアップHMBプロの画像(画像引用元:株式会社bonds)

内容量:150粒
1食分の粒数 :5粒
1食分のHMB量:2,000mg
返金保証期間:90日間
通常価格:11,700円
定期価格:5,950円

注目のポイント

プロレスラーのYAMATOさん、フライパン曲げ世界記録保持者のジャスティス岩倉さんなど、こちらも多数のアスリートが愛用しているサプリです。

業界トップの2,000mgのHMBなど、6種類の成分が配合されており、成分量はビルドマッスルHMBを上回っています。

しかし、通常価格はビルドマッスルHMBよりも高いですが、定期価格はほとんど差がありません。

そのため、定期購入の場合は、こちらがおすすめです。

詳細はキャンペーンページで確認してください。

>>バルクアップHMBプロのキャンペーンページ

全10社を比較したランキングはこちら
HMBサプリおすすめランキング2017

 - HMB, ビルドマッスルHMB