筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

ダンベル,トレーニングベンチ,チンニングスタンドなど、おすすめの自宅用筋トレグッズを紹介!

加圧シャツの効果。着るだけではムキムキにならない理由。

更新日:

加圧シャツの効果

© 筋トレ&ダイエットグッズ名鑑

いま、着るだけでムキムキになるという「加圧シャツ」が流行っています。

着圧によって、着るだけで24時間トレーニング状態になる、というのが根拠のようです。

まず最初に断言します。

ただ着るだけでムキムキになることはありません。

加圧シャツを紹介する多くのサイトでは、まるで着るだけで筋肉がついた、という口コミが記載されていますが、これはすべて嘘です。

悪質なステマだと考えていいでしょう。

サプリメントの場合、「飲むだけで痩せる」などの誇大表現を広告で使うことは、薬事法により厳密に禁止されています。

しかし衣服の場合、薬事法のような厳しい制限がありません。

そのため、加圧シャツの効果については、「言ったもん勝ち」の無秩序な状態になっています。

そこで今回は、そんな加圧シャツについて、本当の効果を紹介します。

加圧シャツの購入を検討している方は、嘘の口コミに騙されないよう、ぜひ参考にしてください。

関連記事
レディース加圧インナーおすすめランキング

スポンサーリンク

加圧シャツとは

着圧が強いインナーシャツ

加圧インナーシャツの効果

© 株式会社bonds

加圧シャツとは、その名のとおり、身体に「圧」を「加える」機能を持ったシャツのことです。

着用すると、上半身全体を締め付けるような圧力がかかります。

この圧力は「スパンデックス繊維(ポリウレタン)」という素材によって生み出されています。

スパンデックス繊維は、「伸びる」という意味の「Expand」に由来する、ゴムのような高い伸縮性がある素材です。

競泳水着に使用されている素材というと分かりやすいでしょう。

加圧シャツには、このスパンデックス繊維が5~20%の割合で配合されており、配合割合が高いほど着圧が強くなります。

しかし、スパンデックス繊維は経年劣化しやすい性質を持っている素材です。 そのため、配合割合が高いほど劣化が早くなるデメリットがあります。

加圧シャツを選ぶ際は、単純なスパンデックス配合割合の高さでは選ばないことが大切です。

コンプレッションウェアの日常版

加圧シャツとコンプレッションウェア

© MIZUNO Corporation

野球選手やサッカー選手が、ユニフォームの下に長袖を着ていることがあります。

あれは「コンプレッションウェア」と呼ばれるスポーツウェアです。

着用することで無駄な筋肉の振動を抑制することができ、運動効率を向上することができます。

その効果は、イチロー選手に「プレーには絶対欠かせない」とまで言わせるほどです。

加圧シャツは、コンプレッションウェアの「日常版」といえる商品です。

コンプレッションウェアより厚みが薄いため、普段使いのインナーとして使用できます。

値段もコンプレッションウェアの半額以下で購入できるため、非常にリーズナブルです。

ただし、加圧シャツはスポーツ用に作られた商品ではありません。

汗をかく運動時に求められる速乾性と吸収性は、コンプレッションウェアに大きく劣ります。

ランニングなどの長時間運動ではなく、筋トレのような短時間運動での着用が限界でしょう。

関連記事
コンプレッションウェアの効果を科学的に検証

加圧シャツの嘘の効果

加圧トレーニングとの違い

加圧インナーシャツと加圧トレーニングの違い

© BFR Bands.

加圧シャツは、着るだけで24時間トレーニング状態を維持する効果があるといわれます。

その科学的根拠の説明として「加圧トレーニング」がよく引用されます。

加圧トレーニングは、1966年にボディビルダーの佐藤 義昭氏が発明したトレーニング方法です。

正座をした時に感じた脚の痺れが、筋トレ後の感覚に似ていたことから発案したそうです。

適切に行えば、短期間で筋量アップを目指せるため、多くのアスリートが取り入れています。

一般的な筋トレより軽い負荷でも効果があるため、リハビリ現場でも多く採用されています。

しかし、同じ「加圧」がつくものの、加圧トレーニングと加圧シャツは全く別物です。

加圧トレーニングは、上腕や大腿などに専用のベルトを巻き、動脈は緩く、静脈は強く圧迫してトレーニングを行います。

これにより、特定部位の血中乳酸濃度を爆発的に高める効果があります。

一方の加圧シャツは、部分的ではなく、上半身を全体的に引き締めます。

その結果、筋肉の無駄な振動を抑制し、血中乳酸濃度の上昇を抑える効果があります。

つまり、加圧トレーニングと加圧シャツでは、血中乳酸濃度の増減に関して、全く正反対の働きをするといえます。

加圧シャツの効果を説明する際、加圧トレーニングについて言及している口コミは、すべて嘘と判断してもいいでしょう。

関連サイト
加圧トレーニングとは -KAATSU JAPAN 株式会社

着ただけでムキムキは嘘

加圧シャツの嘘の効果

© Men’s Land

加圧シャツを数週間着ただけで、体重が数十kg落ちたという口コミもよく見ます。

酷いものだと、明らかに加工されているビフォー・アフターの写真を載せている場合もあります。

私も日常的に加圧シャツを着ていますが、加圧シャツを着ただけで身体に急激な変化が起こることはあり得ません。

痩せるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。

加圧シャツを着ることで若干の基礎代謝の上昇は見込めますが、数週間着ただけで目に見えて脂肪を燃焼させるのは不可能です。

筋肉をつけることはさらに難しい作業です。

体質的に筋肉が付きやすい人が、タンパク質をはじめとする適切な栄養摂取と、高負荷のトレーニングをしても、数週間でムキムキになるほど筋肉がつくことはあり得ません。

これらは、日頃からトレーニングをしていない人にありがちな妄想といえるでしょう。

「加圧シャツを着ただけで」という口コミは、嘘の可能性が非常に高いです。

加圧シャツの効果

お腹周りを引き締める

前述の通り、加圧シャツを着ただけで、ムキムキに筋肉がつくことは絶対にないです。

しかし、加圧シャツにトレーニング効果がないわけではありません。

標準体重よりも重い人の場合、身体の部位で最も突出しているのが腹部です。

そのため、加圧シャツを着ると、腹部に一番大きな着圧がかかり、普段よりも腹部を強く意識するようになります。

この腹部を意識している状態が「ドローイン」というトレーニングに近い効果があります。

ドローインは「筋肉博士」として知られる東京大学大学院の石井直方教授も推奨しているトレーニング方法で、腹横筋を発達させることができます。

腹横筋は、腹圧を司るインナーマッスルのため「天然のコルセット」とも呼ばれます。

着圧の引き締め効果の例として、ドイツ人のMichele Koebke さんを見てみましょう。

Koebkeさんは、加圧シャツよりも着圧が強いコルセットを、3年間毎日着用することで、16インチ(約40cm)のウエストを手に入れた女性です。

着圧によるウエスト引き締め効果

© Newsweek Media Group

もちろんこれは、24時間コルセットを着用することで、着圧効果を最大化したレアケースです。

加圧シャツで、ここまでウエストが細くなることはないので安心してください。

繰り返しになりますが、加圧シャツを着ただけでムキムキになることはありません。

しかし、ドローインによって腹筋を鍛え、お腹周りを引き締める効果は期待してもいいでしょう。

見た目が良くなる

加圧インナーシャツで背筋が伸びる

© Japan supplement foods Co., Ltd.

着圧によって強制的に贅肉と内蔵を正しい位置に戻すと、単純に見た目が良くなります。

特に下腹がポッコリ出る体型の人は、着るだけでウエストの大幅ダウンが期待できます。

もちろん、この効果は加圧シャツを着たときに限定されます。

実際にお腹まわりの贅肉がなくなるわけではありません。

しかし、急な冠婚葬祭など、一時的にでも見た目をよくしたい時は、大いに役に立つでしょう。

また、加圧シャツを着ることで、着圧によって肩が開いた状態に矯正されます。

これにより、肩が前に出る「巻きこみ肩」が解消され、強制的に背筋が伸びます。

そのため、背中猫背の人であれば、簡易の姿勢サポーターとしても利用可能でしょう。

疲労を軽減する

加圧インナーシャツで疲労回復

© ACworks Co.,Ltd.

前述のとおり、加圧シャツには「血中乳酸濃度」の上昇を抑制する効果があります。

血中乳酸濃度は、運動強度が上がるにつれて上昇するため、研究機関の検証においては、疲労の指標としても用いられています。

そのため、加圧シャツを着用することは、日常生活の疲労感を軽減することができます。

また、加圧シャツには筋肉の振動を抑制する効果もあります。

これにより、無駄なエネルギーの発散がなくなり、筋肉の振動が激しい運動時のパフォーマンス低下を防ぐことができます。

そのため、筋トレなどの短時間運動におけるトレーニングシャツとしてもおすすめです。

しかし、加圧シャツはあくまでもインナーシャツであり、スポーツシャツではありません。

吸汗性と速乾性が求められる、長時間の運動には向かないでしょう。

おすすめの加圧シャツ

バルクアップ(BULKUP)

バルクアップアーマープロ

バルクアップ加圧シャツ
基本情報

カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:M(165~175)、L(175~185)

1枚当たりの値段

1枚購入
3,780円÷1 =3,780円
4枚購入
13,200円÷4 =3,300円
6枚購入
18,980円÷6=3,164円
10枚購入
28,650円÷10=2,865円

商品の特徴

株式会社bondsのブランド「BULKUP」の加圧シャツです。

私も部屋着として毎日着用しています。

過剰な表現が多い加圧シャツにおいて、最もクリーンな販売をしています。

最も分かりやすいのが、公式ホームページの価格表示の部分です。

他社が販売している加圧シャツは「税別」「税抜き」ですが、バルクアップアーマープロは「税込み」で表示しています。

購入者目線で信頼できることが分かるでしょう。

スパンデックス繊維の配合割合は5%と少なめです。

そのため、着用や洗濯による劣化がしにくく、長く使用することができます。

それでいて、伸縮性の高さも申し分なく、他社の加圧シャツと比べても着圧は強めです。

バルクアップアーマープロのレビュー伸張性

加圧シャツは毎日インナーとして着ることで、より効果を実感できます。

単品だと後から買い足したくなるので、はじめて加圧シャツを試す場合、枚数は4枚以上がおすすめです。

また、同シリーズの筋トレサプリ「バルクアップHMBプロ」とのお得なセットプランもあります。

2,000mgのHMBが配合されているサプリを初回無料で試すことができます。

筋トレを習慣にしている人は、こちらのコースも検討するといいでしょう。

安くて、品質が高く、長く使える、最初の一枚におすすめの加圧シャツです。

10日間の全額返金保証がついているので、気になる人は試してみるといいでしょう。

>>BULKUP ARMOR PROの詳細をみる

モノヴォ(MONOVO)

マッスルプレス

マッスルプレス加圧シャツ
基本情報

カラー:ホワイト、ブラック、グレー、ネイビー、レッド
サイズ:M(165~175)、L(175~185)

1枚当たりの値段

1枚購入
4,298円÷1 =4,298円
3枚購入
10,746円÷3 =3,582円
6枚購入
16,740円÷6=2,790円
7枚購入
22,680円÷6=3,240円

商品の特徴

日本サプリメントフーズ株式会社のブランド「MONOVO」の加圧シャツです。

加圧シャツとしては珍しい、全5色のカラーバリエーションが特徴的です。

同社のサプリ「マッスルプレスHMB」とのお得なセットプランもあります。

ただし、こちらのサプリはバルクアップHMBプロとは違い、クレアチン、BCAA、グルタミンなど、HMB以外の有効成分が配合されていません。

まとめ買いする場合は、次の2点に注意してください。

購入枚数について

マッスルプレスでは現在、6枚購入を推奨するキャンペーンを実施中です。

そのため、7枚より6枚の方が1枚当たりの値段が安くなる、価格の逆転現象が起こっています。

7枚購入を考えている人は注意しましょう。

カラーについて

違う色のシャツを組み合わせて購入する場合、備考欄で色と枚数を指定しなければいけません。

これを忘れてしまうと、カゴに入れた色のシャツがそのまま届いてしまいます。

注文手続き時は、必ず忘れないようにしましょう。

>>マッスルプレスの詳細をみる

加圧シャツマッスルプレスの画像

加圧シャツのまとめ

    加圧シャツには、多くのサイトが紹介しているような、着るだけでムキムキになるような効果はありません。

    数週間で週十kgも痩せる、急激なダイエット効果もありません。

    しかし、お腹の脂肪を引き締めることに関しては、一定の効果があるのは事実です。

    そしてこの効果は、太っていればいるほど高くなります。

    皮下脂肪が多い人であれば、普段のインナーシャツをこれに切り替えるだけでも、お腹が引き締まるでしょう。

    関連記事
    >>加圧シャツおすすめランキング

 - おすすめ, 加圧シャツ